だいこんのじんせい

Book

『だいこんのじんせい』

著者:ふじむら まりこ

地面に埋まっている時から、だいこんは自分がどのように食べられたいかを夢見ていた。

地面から抜かれた時、だいこんには致命的な欠点が発覚した。
そして、その欠点によりだいこんは周囲からなかなか受け入れられない。

だいこんの孤独な生活が続くが、最後はどうなるのかは本書をご覧あれ。

Article

・お化け屋敷を「在宅」で…!? いま大流行中「オンライン体験」の凄すぎる中身

お化け屋敷を「在宅」で…!? いま大流行中「オンライン体験」の凄すぎる中身(長田 英知) @moneygendai
新型コロナウィルスの拡大にともない、私たちの暮らし方や働き方が変わる中であらゆるものの「オンライン化」が注目を浴びつつあります。特に教育、スポーツ、エンターテインメントなどの分野では、いわゆる「3密」を避けるためのオンライン化が急速に進んでいます。最近では、自宅にいながら様々な体験ができるオンライン体験サービスも大人気...

・ネガティブ思考を抜け出すための習慣「セルフトーク」

人生を好転させる「セルフトーク」3つのステップ
習慣的にネガティブなことを口にしていると「ネガティブセルフトーク障害」になってしますかも。でも数週間で自分を変えることも可能に!ポジティブな自分を作...

・東大生が見た「地頭が良い人の親」に共通の特徴

東大生が見た「地頭が良い人の親」に共通の特徴 | リーダーシップ・教養・資格・スキル
「東大生の親って、すごく教育熱心なんだろうなぁ」そうお考えの人は多いと思います。やっぱり東大生を育てるとなれば、小さいころから「この問題はこう解くのよ!」とずっと勉強を教えて、勉強していなかったら「…
タイトルとURLをコピーしました