バカの壁

Book

『バカの壁』

著者:養老孟司

「わかる」と思っている事が思考・視野の上で大きな壁が出来ているのだな。

また本書に書かれている「個性」や「賢さ」とは何?という事についての内容も面白かった。

毎日微妙に変化していっている状況をしっかり感知しながら、上手く適合できるように柔軟でいたいと思う。

Article

・寄付をしない、「人助け指数」も最下位 そんな日本に言いたい「寄付は自分も変える」

寄付をしない、「人助け指数」も最下位 そんな日本に言いたい「寄付は自分も変える」:朝日新聞GLOBE+
寄付はなぜ日本では定着しないのか。チャリティーズ・エイド・ファンデーションの調査によると、寄付やボランティアなどの取り組みなどを点数化した「世界人助け指数」で、日本は最下位だった。寄付型のNPO法人を運営する今井紀明さんが考えた。

・最も重要な「社長の仕事」とは。成功する社長が必ずしている「仮説」の力

最も重要な「社長の仕事」とは 成功する社長が必ずしている「仮説」の力 | ZUU online
社長が経営を学ぶ重要性を解説。

・アップルウォッチが持つ意外と深い広がりの意味

アップルウォッチが持つ意外と深い広がりの意味 | 健康
これまで、iPhoneなどのデバイスを起点に、生活サービス全体のエコシステムを形成してきたアップル。拙著『モデルナはなぜ3日でワクチンをつくれたのか』でも関連して解説していますが、そのエコシステムへ次に取…
タイトルとURLをコピーしました