力を抜いて生きる

Book

『力を抜いて生きる』

著者:有馬頼底

多くの方が無駄な力が入って力んでいる事を危惧して、力を抜いた方が良いのではと書かれている。

大事なのは無駄な力(比較・執着・欲などから起因する)を抜くことであって、楽をして生きる事ではない。乗り越えるべき事はある。

ありのままに物事をみて、一日一日を一期一会を大切に過ごす。

力を抜いて生きる事が、いい意味で力のある日々に繋がるのかもしれない。

Article

・翌朝よく寝たと言える「舌筋トレ」「自作タオル枕」など7つの方法

翌朝よく寝たと言える「舌筋トレ」「自作タオル枕」など7つの方法
短い時間でも深く眠る「濃縮睡眠」。“ぐっすり眠った〜!”を実現するために、前回は“入眠前の3分ツボ押し”を紹介した。今回は、「濃縮睡眠」を妨げる“いびき”や&ldquo

・人はなぜメーワクな「買いだめ」を繰り返すのか?行動経済学が明かす「意外な理由」

人はなぜメーワクな「買いだめ」を繰り返すのか?行動経済学が明かす「意外な理由」(橋本 之克) @moneygendai
新型コロナウイルスの感染拡大を引き金に、世界各地で発生したトイレットペーパーの「買いだめ騒ぎ」を覚えている人も多いのではないか。かつてオイルショック時にも同じことが起きたが、なぜ人は「買いだめ」の誘惑から逃れられないのか? マーケティング&ブランディングディレクターで、著書『9割の買い物は不要である』がある橋本之克氏が...

・当たり前に勉強できる人が “絶対言わない” 4つの言葉。「やればできる」は「やらない」とほぼ同じ

タイトルとURLをコピーしました