言葉の言い換えを出来るようにしておく

Opinion

『言葉の言い換えを出来るようにしておく』

最近僕のYouTubeチャンネルでは、ヒトのカテゴリーで『性格の特徴』という動画をシリーズで行っている。

このシリーズをしていて、性格にはポジティブな面とネガティブな面の両面があるのだなと気づかされている。一見ネガティブな性格(完璧主義・ケチとか)にもポジティブな面があるのだ。

そして、この動画をつくっておきながら「自分は心配性なのでは?」と悩んでいたのだが、よく考えれば「リスクによく気づく・早く解決したがる」という面もあるのでポジティブではないかと理解できた。

自分のネガティブだなと思っている言葉を言い換えてみると、捉え方が変わるのではないだろうか。

Article

・意外と知らないトースターの正しい掃除方法

意外と知らないトースターの正しい掃除方法
トースターの掃除と言えば、逆さまにしてパン屑を強引に落としておしまい…という人も多いのではないでしょうか。トースターの外側はピカピカ、でも内部は散ら...

・大人の「勝ち組・負け組」思考が子どもの可能性を狭めている!?

大人の「勝ち組・負け組」思考が子どもの可能性を狭めている!? | LIMO | くらしとお金の経済メディア
勝ち組」「負け組」という言葉は、今の現役世代が子どもの頃には馴染みのなかった言葉ではないでしょうか。言葉自体は以前から存在していましたが、格差社会での成功者、逆に経済的に不遇な人などという現在の意味合いで使われる決定的なきっかけとなったのが2006年。当時の小泉純一郎首相の「勝ち組・負け組・待ち組」という発言が注目を集...

・「休憩を時間の無駄と考える」と幸福感が低下する

「休憩を時間の無駄と考える」と幸福感が低下する
余暇やダウンタイムは一見魅力的なのですが、実際に仕事や家庭での義務などから離れることになると、それがたとえ数時間であっても「生産的」ではないと思って...
タイトルとURLをコピーしました