ぼくにはなにもない

Book

『ぼくにはなにもない』

作:齋藤 真行/絵:さいとう れい

家族・才能・容姿・地位、なにもない中年男性の生活・人生。
読んでいる前半は『自己肯定感の低い人だな』という感想だった。

しかし、後半には彼の人生観が出てきて、目から鱗の状態だった。

多くの人は無理になにかを持とうとしている。
それで大事な事がみえないのは勿体ない事である。

生き方に迷ったり、生きづらいと感じる方はオススメ。

Article

・KDDI社長 携帯電話料金引き下げ検討を表明

KDDI社長 携帯電話料金引き下げ検討を表明 | NHKニュース
【NHK】菅総理大臣が強い意欲を示す携帯電話料金の引き下げについて、auのブランドで携帯電話事業を展開するKDDIの高橋誠社長は「…

・年収600万円で家計破綻も…マンション「維持費」の意外と知らない実態

年収600万円で家計破綻も…マンション「維持費」の意外と知らない実態(山下 和之) @moneygendai
実は、首都圏ではマンション維持費が、平均でも月額5万円以上に達するのだ。それを前提に購入後の生活を考えないと、マイホーム生活が色あせたものになりかねない。

・なぜ、日本人の会計リテラシーを底上げする必要があるのか?

なぜ、日本人の会計リテラシーを底上げする必要があるのか?
読むだけで「経営に必要な会計センスが身につく!」ベストセラー『餃子屋と高級フレンチ』シリーズでおなじみの著者・林 總氏の最新刊『たった10日で決算書がプロ並みに読めるようになる! 会計の教室』が9月29日にダイヤモンド社から発売になります。本連載では、同書の中から抜粋して決算書を読み解くために必要な基本の知識をお伝えし...
タイトルとURLをコピーしました