まずは健康第一

Opinion

『まずは健康第一』

今日は17日の月曜日だと朝に勘違いをしていて、16日の日曜だったことが思わぬ休養が出来てラッキーに感じた一日だった。笑

来週からは法人設立に向けての物件や書類関係で動くことが増えるので、今日が休養出来て良かった。

まずは健康第一。
お金や知識、人脈などは後から何度も得るチャンスはある。
健康を出来る限り大切にして思考の整理が大切だと痛感している。

Article

・コロナ後を考えるベンチャーに欠けている視点

コロナ後を考えるベンチャーに欠けている視点 | スタートアップ
「イノベーション」「スタートアップ」と聞くと、アメリカ・カリフォルニア州の「シリコンバレー」を思い浮かべる人が多いだろう。スタートアップの成功指標は、「ユニコーン(創業して10年以内、未上場企業で評価…

・父親にも“産後うつ”のリスク 厚労省が実態調査へ

父親にも“産後うつ”のリスク 厚労省が実態調査へ | NHKニュース
【NHK】育児への参加をめぐり、仕事との両立への不安などから父親にも「産後のうつ」になるリスクがあるとして、厚生労働省は実態調査を…

・「失職、婚約解消、5年間ひきこもり」将来有望だった28歳会社員を転落させた上司のひとこと

「失職、婚約解消、5年間ひきこもり」将来有望だった28歳会社員を転落させた上司のひとこと 「軽い励まし」が招いた最悪の事態
IT企業勤務の28歳の男性は、多忙とストレスで参っていた。その様子を見かねた上司は、男性をメンタルクリニックに連れていき、その帰り道に「軽い励まし」の言葉をかけた。以降、男性の体調は急激に悪化。会社は退職せざるを得なくなり、彼女との婚約は解消、5年前から現在まで実家でひきこもり状態にある。一体何があったのか――。
タイトルとURLをコピーしました