レバレッジ・マネジメント ―少ない労力で大きな成果をあげる経営戦略

Book

『レバレッジ・マネジメント ―少ない労力で大きな成果をあげる経営戦略』

著者:本田 直之

うまく経営できている人と、うまく経営できていない人の差は何なのか?

その問いに対して具体的に把握するために68項目の質問・チェックリストが本書では書かれている。

自分を俯瞰するためには良い問いばかりだ。

また凄いなと思ったのは本書が2009年に執筆されているにも関わらず、現在にも通用する内容だったこと。時代関係なく普遍的な経営論が書かれている。

Article

・トラブルの総合百貨店で学んだ「2つのテクニック」

トラブルの総合百貨店で学んだ「2つのテクニック」
設立当初のベンチャー企業は「トラブルの総合百貨店」だ。ベンチャー企業はあらゆる意味で身軽で、物事の進むスピードが速い。一方で、トラブルを防ぐための機能が備わっておらず、不安定だ。トラブルを切り抜けていく中で共通して言えることが2つある。

・Google社員が絶対使ってはいけない言葉

Google社員が絶対使ってはいけない言葉
とあるGoogleの禁句目録。ネタ元のThe Markupが、Googleが社員に禁じているワードリストの社内メモを入手、公開しています。「Fiv...

・ビル・ゲイツが重視する「好奇心指数」を伸ばすには?

ビル・ゲイツが重視する「好奇心指数」を伸ばすには?
コロナ禍で世界中の学校は大影響を受けている現状に、子どもたちの将来について親としては不安が募ります。この不確実な時代、成功者の声に耳を傾けてみました...
タイトルとURLをコピーしました