レバレッジ・マネジメント ―少ない労力で大きな成果をあげる経営戦略

Book

『レバレッジ・マネジメント ―少ない労力で大きな成果をあげる経営戦略』

著者:本田 直之

うまく経営できている人と、うまく経営できていない人の差は何なのか?

その問いに対して具体的に把握するために68項目の質問・チェックリストが本書では書かれている。

自分を俯瞰するためには良い問いばかりだ。

また凄いなと思ったのは本書が2009年に執筆されているにも関わらず、現在にも通用する内容だったこと。時代関係なく普遍的な経営論が書かれている。

Article

・トラブルの総合百貨店で学んだ「2つのテクニック」

トラブルの総合百貨店で学んだ「2つのテクニック」
設立当初のベンチャー企業は「トラブルの総合百貨店」だ。ベンチャー企業はあらゆる意味で身軽で、物事の進むスピードが速い。一方で、トラブルを防ぐための機能が備わっておらず、不安定だ。トラブルを切り抜けていく中で共通して言えることが2つある。

・Google社員が絶対使ってはいけない言葉

Google社員が絶対使ってはいけない言葉
Googleが社員に禁じているワードリストの社内メモが公開されました。「Crush(潰す)」「Kill(殺す)」「Hurt(傷つける)」「Block(邪魔する)」の4つ。また、これ意外にも、悪意ある言い回し、アンフェアな言葉は慎むようにと記されています。独占禁止法をめぐる裁判所とのやりとりを意識したメモですね。

・ビル・ゲイツが重視する「好奇心指数」を伸ばすには?

ビル・ゲイツが重視する「好奇心指数」を伸ばすには? | ライフハッカー[日本版]
2019年、ビル・ゲイツが母校の高校で講演をした時、校長先生から「10年後、20年後の社会で活躍するためにどんなスキルが必要だと思うか」という質問をされました。答えは、好奇心を活用して知識を得てゆくことの重要性。
タイトルとURLをコピーしました