ブレイン・ゲーム

Movie

『ブレイン・ゲーム』(2015年)

ジャンル:スリラー

上映時間:101分

監督:アフォンソ・ポヤート

出演:アンソニー・ホプキンズ、 ジェフリー・ディーン・モーガン

<感想>

首の後ろ(延髄)を突かれ即死の連続殺人が起きる。FBIの捜査員は予知能力のある友人に捜査依頼をしにいく。殺人現場を捜査する中である共通点が見えてくるというお話。

予知能力を持つ主人公はアンソニー・ホプキンズが演じている。FBIから捜査依頼を受けるところは『羊たちの沈黙』のオマージュのように感じた。

ネタバレになるので書ききれないが、犯人に語る正義は確かに一理がある。しかし全てではない。それほど簡単に他人が他人の事を一方的に決めてはいけない。

死に対しての倫理観が問われる作品である。

気になる方は是非ご視聴を。上映時間が101分とやや短いのも僕の中では高評価。

Article

・日本人の9割が実は全然わかっていない「世界で通用するマナーの基礎」8選

日本人の9割が実は全然わかっていない「世界で通用するマナーの基礎」8選 | PRESIDENT WOMAN Online(プレジデント ウーマン オンライン)
日本のビジネスシーンでは、最初の挨拶は名刺交換から始まることが多いが、国際的なシーンでは握手から始まるのが一般的。まずアイコンタクトをし、名前を名乗り、必ず右手で握手をしよう。ビジネスでは同時に手を…

・コロナ騒動で変わる働き方、取り残される人と活躍できる人の違い

コロナ騒動で変わる働き方、取り残される人と活躍できる人の違い
新型コロナ感染拡大に伴い、「働き方」に大きな影響が出ています。リモートワークが増える中、会社に行かずにパフォーマンスを上げ続けるのは簡単なことではありません。しかし、今後はこうした場所を問わない自由な働き方へシフトしていくことでしょう。そのとき、ビジネスパーソンにはどんな能力が求められるのでしょうか。

・同一労働同一賃金の先にあるもの——「非正規」という言葉が一掃される世界

同一労働同一賃金の先にあるもの——「非正規」という言葉が一掃される世界 | AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
今年に入り、「同一労働同一賃金」という言葉をニュースなどでよく見聞きするようになった。そこで話題になっているのは、働き方改革にともなう法改正の話だ。働き方改革というと「時間外労働の上限規制」、つまり残業時間の抑制だけが注目されがちだが、これに加えて「年次有給休暇の取得義務化」と「同一労働同一賃金」が働き方改革の3つの大...
タイトルとURLをコピーしました