たった1日でできる人が育つ!教え方の技術

Book

『たった1日でできる人が育つ!教え方の技術』

著者:齋藤 孝

仕事における教育は組織の中では重要である。
理由は教育により顧客満足度の維持・向上や作業効率の維持・向上に関係してくるからである。

普遍的な部分と現代の若者層の傾向を踏まえながら、本書は教え方の技術が記載されている。

教え方の技術の中でも、心の持ち方とコミュニケーションの取り方は勉強になった。
業務内容を理解して伝えるだけでなく、『人』を理解する努力をして教育するのが大切だと思った。

僕は200ページの本だと読むのに大体2時間はかかる。しかし、本書は1時間で読み終えた。
教え方の本だけあって、内容や構成がわかりやすかったからだと思う。
著者と編集者の両者が凄い。

Article

・ToDo管理はしない。常時100人以上のユーザーとコミュニケーションを取る、bosyu社石倉秀明さんの仕事術

ToDo管理はしない。常時100人以上のユーザーとコミュニケーションを取る、bosyu社石倉秀明さんの仕事術
敏腕クリエイターやビジネスパーソンに仕事術を学ぶ「HOW I WORK」シリーズ。今回お話を伺ったのは、株式会社bosyuの代表取締役で、株式会社キ...

・「ペルソナ」の意味と使い方とは?ペルソナの活用・作成で注意点などを解説

「ペルソナ」の意味と使い方とは?ペルソナの活用・作成で注意点などを解説
ビジネスシーンでのペルソナの意味と使い方とは? ここでは、ビジネスシーンでのペルソナの意味と使い方についてご紹介します。 ペルソナマーケティングというのは、現在のビジネスには必要な考え方で、サービスや商品において理想的なユーザーという意味になります。

・「グサリときた…」“車イスと二足歩行者が入れ替わった世界”で気づかされたこと。

「グサリときた…」“障害者と健常者が入れ替わった世界”で気づかされたこと。
公益財団法人日本ケアフィット共育機構が主催する「車イスの、車イスによる、車イスのためのレストラン」に行ってきました。普段は気づくことができない“多数派の無意識”に、胸が痛みます…。
タイトルとURLをコピーしました