「事業を創る人」の大研究

Book

『「事業を創る人」の大研究』

著者:田中 聡、中原 淳

スタートアップ企業の経営者向けというよりも、別の既存事業がある法人で新規事業を創る事になった社員向けの本。

『社内での風当たりのある中での事業をどうすすめていくのか?』というリアルな社内政治の内容も含めながら、新規事業へのフォーカスの仕方が書かれている。

『新規事業に向いている人材はどんな人間か?』という内容はすごく参考になった。

Article

・「上昇志向」で頑張る人が危なっかしいワケ

「上昇志向」で頑張る人が危なっかしいワケ
単なる「優秀な部下」にとどまるか、「参謀」として認められるかーー。これは、ビジネスパーソンのキャリアを大きく分けるポイントです。では、トップが「参謀」として評価する基準は何なのか?それを、世界No.1企業であるブリヂストン元CEOの荒川詔四氏にまとめていただいたのが、『参謀の思考法』(ダイヤモンド社)。ご自身が40代で...

・「認知症を支える街」が全国に増加 54の自治体が保険による救済制度導入

「認知症を支える街」が全国に増加 54の自治体が保険による救済制度導入〈週刊朝日〉
 認知症の人がトラブルや事故を起こしても、本人や家族を支える街づくりが全国的に進んでいる。当事者の意思を尊重した条例を作ったり、民間保険を使った事...

・悲しみの乗り越え方は4タイプに分類できる。あなたの元型はどれ?

悲しみの乗り越え方は4タイプに分類できる。あなたの元型はどれ?
私たちの社会は、「グリーフ(悲しみ)」というものについて、あまりに狭く定義し、あまりにも浅く理解しています。実際は、悲しみを乗り越えるスケジュールや形式などありません。ただ人によって、乗り換え方が異なります。
タイトルとURLをコピーしました