超解 敬語の使い方が面白いほど身につく本

Book

『超解 敬語の使い方が面白いほど身につく本』

著者:合田 敏行

本ブログは全て『だ・である調』に統一して記入している。

そんな中、普段の生活・仕事に置いて重要なのが『敬語』だとつくづく思う。

敬語の使い方によっては、相手からの信頼を得る事が出来る。ただし、誤った敬語では寧ろ失礼になる事もある。

敬語は難しいと思う時があるけれど、敬語を使いこなせる事は相手に対しての奉仕にもなるだろう。

Article

・「身に覚えのないパワハラでクビに」その前に知っておきたい5つの心得

「身に覚えのないパワハラでクビに」その前に知っておきたい5つの心得 「法的には大丈夫」では甘すぎる
会社内でのどんな行為が「パワハラ」になるのか。『パワハラ問題 アウトの基準から対策まで』(新潮新書)を出した弁護士の井口博氏は「パワハラには『意図的パワハラ』と『無意識パワハラ』があるが、その違いを理解していない人が多い」という——。

・寿命は長いが、健康寿命は意外に短い。病気への備えは本当に大丈夫?

寿命は長いが、健康寿命は意外に短い。病気への備えは本当に大丈夫?
何歳までこの会社で働くのか? 退職金はどうもらうのか? 定年後も会社員として働くか、独立して働くか? 年金を何歳から受け取るか? 住まいはどうするのか? 定年が見えてくるに従い、自分で決断しないといけないことが増えてきます。 会社も役所も通り一遍のことは教えてくれても、“あなた自身”がどう決断すれば一番トクになるのか...

・「忘れられない魅力」の正体とは? 自分を印象づける効果的な方法

「忘れられない魅力」の正体とは? 自分を印象づける効果的な方法
記憶というのは時間の経過とともにどんどん薄れゆくはずなのに、なかにはなぜか時間が経っても色褪せず、ますます輝いて忘れられなくなるものがあります。例えば、学生時代、感銘を受けた音楽が流れてきた瞬間、ただのクラスメイトと思っていたあの子の見せた
タイトルとURLをコピーしました