稲盛和夫の経営問答 高収益企業のつくり方

Book

『稲盛和夫の経営問答 高収益企業のつくり方 』

著者:稲盛 和夫

京セラと第二電電(現KDDI)の創業者で、JALの再建に尽力された実業家の稲盛和夫さんが、他の経営者の質問に回答するという構成で本書は書かれている。

高収益をあげるには「売上を増やして、経費を最小にする」という至ってシンプルな考え方をお持ちだった。

その中で、従業員に対しては数字や物のように扱うのではなく、しっかりとした人間関係が構築されるように意識されている。

見習うところはしっかりと取り入れようと思った。

Article

・本当に苦しいときに強いのは「センスがいい人」よりも「言語化できる人」

本当に苦しいときに強いのは「センスがいい人」よりも「言語化できる人」
何かが「できる」とは何か。東大卒プロゲーマーのときどさんは、「できる=言語化できる」ことだと言います。それはなぜなのでしょうか?

・絶対に目標を達成したい人がまずやるべきこと

絶対に目標を達成したい人がまずやるべきこと
新年の抱負を何にするか考えていると、達成したいことが次々に思い浮かびます。今年は良い年にしたいし、特に1月は1年の最初の月なのでやる気満々です。運動...

・五感を補助するウェアラブルデバイス、福祉領域の活用から普及する可能性

五感を補助するウェアラブルデバイス、福祉領域の活用から普及する可能性|ZOZO FashionTechNews
スマートウォッチはすでに定番のガジェットとなりつつあるが、スマートグラス、スマートリング、スマートジャケットといった、その他のウェアラブルデバイスは、未だ普及しているとは言い難い。その大きな理由のひとつに、スマートフォンで事足りてしまい、ウェアラブルデバイスならではの機能が見出されていないことがあげられる。 そのよ...
タイトルとURLをコピーしました