仕事2.0 人生100年時代の変身力

Book

『仕事2.0 人生100年時代の変身力』

著者:佐藤 留美

現代は大きく仕事に対しての価値観を変えるべき時に来ている。

理由としては…

①人生100年時代により、老後資金が高額必要になるため、資金の用意だけでなく高齢でも働ける環境作りが必要になる。

②30年以上続く企業が少なくなってきており、終身雇用制度に問題がある。

③成果を上げるために、年功序列制度の風潮が一新されつつある。

『人生100年をどう生きるのか?そのためにどう働くのか?』

本書では、そんな疑問に対して具体的に行動しておくべき事が記載されている。

そして、この本を読むと新しい資産に対してワクワクするだろう。

Article

・糖質や消化・吸収をハックする。セレブジム経営者が教える「太らないコツ」

糖質や消化・吸収をハックする。セレブジム経営者が教える「太らないコツ」
『やせて一生キープする──太らないコツ』(吉江一彦 著、自由国民社)の著者が運営している南麻布の「ジャングルジム」は、多くの人気芸能人や著名な経営者...

・機械翻訳全盛、いまこそ必要な“プロ”翻訳者の役割とは?

機械翻訳全盛、いまこそ必要な“プロ”翻訳者の役割とは?|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社
こちらは、機械翻訳全盛、いまこそ必要な“プロ”翻訳者の役割とは?のページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。

・激務コンサル業界で午後5時退社で子育て。役員になった男性が実行した5つのこと

激務コンサル業界で午後5時退社で子育て。役員になった男性が実行した5つのこと
戦略コンサルティングとベンチャー投資を行う「ドリームインキュベータ」執行役員(戦略コンサルティング部門)の野邊義博さん(38)の定時は、午前10時か...
タイトルとURLをコピーしました