セッション

Movie

『セッション』(2014年)

ジャンル:ドラマ映画

上映時間:106分

監督:デイミアン・チャゼル

出演:マイルズ・テラー、J・K・シモンズ

<感想>

本作は、偉大なドラマーを目指す音大生と、一流のミュージシャンを生むのに取り憑かれている指導者との鬼気迫る交流を描いた作品である。

狂気的な指導者を演じたJ・K・シモンズの演技力は圧巻だった。

こんなに血塗れな音楽映画は他にないだろう。

嫌味な人やイタズラをしてくる人間に悩んでいる方は、ショック療法として鑑賞してみてはどうか?

Article

・「“全部自分の責任です”っていうリーダーを、俺は信用しない」TAKUROが語るリーダーの哲学

「“全部自分の責任です”っていうリーダーを、俺は信用しない」TAKUROが語るリーダーの哲学|新R25 - シゴトも人生も、もっと楽しもう。
GLAYを25年率いたリーダー論がここに。

・1日3時間以上のSNS、若者の精神疾患リスクが約3倍に

1日3時間以上のSNS、若者の精神疾患リスクが約3倍に
FacebookやInstagram、Twitterなどのソーシャルメディアの利用に1日3時間以上費やす若者は、不安や抑うつなどの精神的な健康問題を抱えるリスクが約2.5~3倍に上ることが分かったと、米ジョンズ・ホプキンス大学ブルームバーグ公衆衛生大学院のKira Riehm氏らが発表した。

・「上司に意見していた人が急に素直」は要注意!…ネットで話題の「辞めそうシグナル」に共感の嵐

「上司に意見していた人が急に素直」は要注意!…ネットで話題の「辞めそうシグナル」に共感の嵐
会社員であれば、上司や職場に少なからず不満を持つことがあるだろう。口には出さず、心の中で「会社を辞めてやる!」とまで思ったことも、もしかしたらあるかもしれない。そして実際に行動にうつした人もいることだろう。そのような会社員の言動をうまく表現しているのか、今ツイッター上で「辞めそうシグナル」という言葉が話題になっている。...
タイトルとURLをコピーしました