やる気を引き出す黄金ルール 動く人を育てる35の戦略

Book

『やる気を引き出す黄金ルール 動く人を育てる35の戦略』

著者:沼田 晶弘

『何々をしろ!』と命令をしても、相手が心から行いたいと思って行動に移すことはないだろう。

やる気を引き出すための関係性、課題設定、環境設定、評価の仕方などが具体的に本書では書いてあった。

他人は中々変えられないと言われているが、自分自身は意識すれば変えられる。

本書で学んだ事を活かして、周りに良い影響を提供できればと思う。

Article

・古いシミにも効果あり。食器用洗剤で衣服のシミ抜きをする方法。

古いシミにも効果あり。食器用洗剤で衣服のシミ抜きをする方法
注意しているつもりでも、食べているときに服が汚れてしまうことありますよね。いつの間にか、コーヒーやソースのシミが服についてしまうのです。特に厄介なの...

・保育無償化による、子供への思いがけぬ悪影響

保育無償化による、子供への思いがけぬ悪影響 | PRESIDENT WOMAN Online(プレジデント ウーマン オンライン)
10月から幼児教育・保育無償化が始まり、3~5歳は全員無償、0~2歳は住民税非課税世帯のみ無償になります(幼稚園と認可外保育施設は上限額まで無償化)。これには一定の意義がありますが、課題もあります。第1の…

・究極の元本保証!富裕層こそ実践したい「米国債投資」とは

長期投資先として存在感を増す!富裕層こそ実践したい「米国債投資」とは
「投資」や「資産運用」という単語から連想しやすいのは、大きな利回りが期待できる株式投資や不動産投資などが中心です。大企業の株式であれば、安定的な成長が見込まれることに加えて配当や株主優待などのメリットも享受できます。
タイトルとURLをコピーしました