奇蹟がくれた数式

Movie

『奇蹟がくれた数式』(2016年)

ジャンル:伝記

上映時間:108分

監督:マシュー・ブラウン

出演:デーヴ・パテール、ジェレミー・アイアンス 他

<感想>

インドの数学者シュリニヴァーサ・ラマヌジャンはケンブリッジ大学のゴッドフレイ・ハロルド・ハーディに才能を見いだされ招待される。マラヌジャンの発見した定理を証明するために2人は活動を始めるのだが…というお話。

波乱万丈がある伝記物は自分の悩みなど小さな物だと思わせてもらえるので、僕は有難いと思っている。

国籍の問題や戦争、体調がある中であきらめない気持ちとパートナーの大切さがわかった作品である。

Article

・仕事が「早く終わる人」と「終わらない人」の違いって?

仕事が「早く終わる人」と「終わらない人」の違いって?
真面目で常に一生懸命仕事をしているのに、なかなか成果が出ないという人がいます。一方、いつも気楽そうに見えるのに、高い成果を挙げている人もいます。『仕...

・“今いる社員で成果を上げる”人事制度運用のポイント

“今いる社員で成果を上げる”人事制度運用のポイント|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社
こちらは、“今いる社員で成果を上げる”人事制度運用のポイントのページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。

・部下の心をつかむのは「3つの承認」ができる上司

部下の心をつかむのは「3つの承認」ができる上司
人は「自分の話を聞いてくれる人」に好感を抱きます。話を聞いてくれるということは、自分のことを認めてくれているということ。だからその人を好きになるのです。新著『できる人は、3分話せば好かれる』を出版した営業コンサルタントの浅川智仁氏が、人の心をつかんで離さない、相手に好かれる接し方のノウハウを教授します。
タイトルとURLをコピーしました