1分間マイケル・ポーター

Book

『1分間マイケル・ポーター』

著者:西村 克己

マイケル・ポーターは史上最年少でハーバード大学の正教授になり、執筆した『競争の戦略』は世界で翻訳された経営学者である。

戦略分析として5フォース分類を主軸に、マイケル・ポーターの教えが記載されている。

また、日本や世界で馴染みの深い企業の例え話があるので、理解しやすかった。

競争というとしんどいイメージが強いものの、肯定的に言えば競争があるから企業の成長が促されていく。

慢心せずに現状と未来と社会を観て、行動を起こしていく。

Article

・疲労回復のプロが教える、朝起きたときに疲れていない体を手に入れる方法

疲労回復のプロが教える、朝起きたときに疲れていない体を手に入れる方法
健康維持や肥満予防、仕事のパフォーマンスアップに重要とされる睡眠の質。「寝付けない」「すっきり起きられない」って悩みは、いったいどう解消したらいい?...

・「哲学」を学びたいときに、身につけるべきこと

「哲学」を学びたいときに、身につけるべきこと
昨今、世の中に広がる「教養ブーム」の中で、「哲学」についても、多くの人々の興味と関心が集まっている。では、「哲学」というものに「究極の問い」があるとすれば、それは、いかなる問いであろうか。それは、次の二つの問いであると言われている。なぜ、世

・消費者視点のオムニチャンネル戦略で重要な3つのポイント、鍵を握る店頭受取サービスの導入

消費者視点のオムニチャネル戦略で重要な3つのポイント、鍵を握る店頭受取サービスの導入
 これまで数回の記事で「消費者視点のオムニチャネル戦略」を考える上で何を理解するべきなのかを解説してきました。これは私の博士論文の重要な問いでもあります。今回はその集大成となる3つのポイントを紹介しましょう。
タイトルとURLをコピーしました