自分を磨く働き方

Book

『自分を磨く働き方』

著者:安田 佳生

著者の安田さんは、元々は社長としてバリバリと経営されていた。

順調だった会社が傾いてしまい、民事再生法の適用申請。ご自身は自己破産をされた。

「人生の中で働く意味が何なのか?」がわからなくなってしまったそうだ。

そんな安田さんが再起されるまでの紆余曲折の間に見出した「何故働くのか?」

それが詰まっている一冊である。

Article

・なぜお金持ちは憎まれるのか。成功者の不幸を喜ぶ人の心理とは

なぜお金持ちは憎まれるのか。成功者の不幸を喜ぶ人の心理とは | LIMO | くらしとお金の経済メディア
いつの時代も、お金持ちはそうでない人から疎まれてしまうことが多いです。特に日本においては「お金持ちはずるく儲けている」「お金の話は汚いもの」というイメージを強く持っている人が少なくありません。結論から言えば、お金持ちは誤解されている存在です。ずるく稼いでいるわけでも、楽して自分だけがいい思いをしているわけでもないのです...

・リストラを進めるドイツ銀行では、すでにロボットが人間に取って代わりつつある

リストラを進めるドイツ銀行では、すでにロボットが人間に取って代わりつつある
ドイツ銀行は、削減を予定している1万8000人の行員の一部の代わりにロボットを活用している。Financial Newsによると、ドイツ銀行のコー...

・子どもがいる年収910万円以上の世帯は「実質手取り」が削られる ?

子どもがいる年収910万円以上の世帯は「実質手取り」が削られる ? | ZUU online
日本の所得税には累進課税方式が採用されていて、収入が増えれば税負担も重くなる。収入が多ければ、それだけ負担できる余裕もあるはずだという前提に立っている。
タイトルとURLをコピーしました