忙しすぎる社長の教科書

Book

忙しすぎる社長の教科書』

著者:前田 浩樹

本書は『脱ワンマン経営』テーマに組織マネジメントの方法が記載されている。

従業員が活き活きと働くためには”ビジョンと組織カルチャー”を変革する事が必要。

そんな中、無理にモチベーションを上げようとしてはいけない。

いかにして、職場の風土を変えていくのか?

本書を読んで学べば、トップに立つ人間は部下に権利委譲が出来て、落ち着いて思考する時間を確保できるかもしれない。

Article

・部下が将来の上司候補を面接すべきでない理由

部下が将来の上司候補を面接すべきでない理由
第一印象はいつまでも消えない。新たなリーダーが、今後直属の部下となるかもしれない人と初めて顔を合わせるのが採用面接の場だった場合、力のバランスが逆転している。この場合、部下は面接でより強い力を持つが、新たに上司となる人はその後、相手よりも強

・的は「得る」ではなく「射る」。間違って使ってしまいがちな7つの日本語

的は「得る」ではなく「射る」。間違って使ってしまいがちな7つの日本語
「言葉は身の文(あや)」と言います。言葉には、人の性格や感情、育ちなどが出ます。つまり、言葉にはその人が表れるのです。(「はじめに」より)『見るだけ...

・「一生お金に困らない」たったひとつの生き方

「一生お金に困らない」たったひとつの生き方 "紙と鉛筆"さえあれば簡単にできる
長期休みには、海外旅行へ行きたい。子どもが大きくなってきたから、子供部屋のある大きい家に引っ越したい。駅から遠くて不便だから車がほしい。食費や家賃などの日々の生活費に加え、願望をかなえるにはお金がかかる。MBA・法務博士であるアンドリュー・O・スミス氏は、「お金を使う場面でどういう決断をするかで、お金に苦労する人生を送...
タイトルとURLをコピーしました