生産性を意識して行動する

Opinion

『生産性を意識して行動する』

ありきたりなタイトルになっているが、最近つくづく思うことでもある。

一番強く思うのは「無駄な事に悩まずに、肝心な事にエネルギーが活かされるようにする」という事だ。

僕にとっては『訪問看護ステーションの会社経営』が肝心な事である。

自分だけではなくて、将来の利用者様、従業員の方々、取引先の方々、株主の方々などの関係者に対して責任を果たすべきだからだ。

そのための手段として、様々な行動するべきだし、何かは手放していくべきだ。

生産性を向上させるために、行動する事と手放す事を両立させよう!

Article

・お年寄りが枝豆収穫すると売り上げ分配 介護施設が企画「介護保険料の負担減に」

お年寄りが枝豆収穫すると売り上げ分配 介護施設が企画「介護保険料の負担減に」|社会|地域のニュース|京都新聞
京都府京丹波町富田の通所介護施設「くろまめさん」は、利用者に黒豆の枝豆の収穫作業をしてもらい、売り上げを還元する取り組みを行っている。デイサービスを利用する高齢者が得意の農作業を生かして、生き生きと活動している。くろまめさんは隣接する敷地に畑をつくっており、施設の食材に活用してきた。今年から約250平方メートルで、京丹...

・集中力を見える化して「世界一集中できる場所」をつくる。ジンズで働く井上一鷹さんの仕事術

集中力を見える化して「世界一集中できる場所」をつくる。ジンズで働く井上一鷹さんの仕事術
敏腕クリエイターやビジネスパーソンに仕事術を学ぶ「HOW I WORK」シリーズ。今回は、株式会社ジンズ(以下、ジンズ)で働く井上一鷹(いのうえ・か...

・貧民窟にいた子が名門大学の教授になれた理由

貧民窟にいた子が名門大学の教授になれた理由 "沖仲仕の哲学者"と呼ばれたワケ
中高年世代にとって、親との関係は切実な問題です。最大の懸案は介護でしょう。正直、老親の存在を負担に感じたり、うとましく思うこともあると思います。そうした悩みに対して、私はあえて「それでいいんですよ」…
タイトルとURLをコピーしました