ほとんどの社員が17時に帰る 10年連続右肩上がりの会社

Book

『ほとんどの社員が17時に帰る 10年連続右肩上がりの会社』

著者:岩崎 裕美子

昔は長く働いている事が頑張っている様に捉えられていた。また労働時間を短くする事で売上が今までより少なくなってしまうのではと危惧されていた。

著者自身、上記の様な会社で働いていた。

そこから起業し、自身が出産し、多くの女性を雇用する中で『ワークライフバランス』を掲げて社内改革を進める。そして売上はしっかりと右肩上がりになっている。

そんな会社の改革した行動と導入した制度が記載されている。

発行されたのが2016年なので、『働き方改革』が提唱される以前の内容。

先駆けの一冊、オススメです。

Article

・共通点・違いを可視化。誤解やストレスが減る図解コミュニケーション

共通点・違いを可視化。誤解やストレスが減る図解コミュニケーション
私にとって図解は、コミュニケーションを通じて共感を生み出すツールであり、やりたいことをお互いが協力しあって創り上げる「共創」につながるご縁を生み出す...

・女性の81%、結婚後も仕事継続

女性の81%、結婚後も仕事継続 厚労省、26~35歳に調査 | 共同通信
厚生労働省が毎年実施している追跡調査で、26~35歳の男女を対象に結婚後の就業状況を尋ねたところ、女...

・「レジなし」にもアマゾン・エフェクト 小売各社が導入加速

「レジなし」にもアマゾン・エフェクト 小売各社が導入加速
米アマゾン・ドット・コムがレジなし店舗「アマゾン・ゴー」事業の拡大に動いている。米国内で従来のコンビニに加え、大型のスーパーやポップアップストアの出店を計画。自社の技術をほかの業者にライセンス供与する準備も進める。会計にかかる時間の短縮は客
タイトルとURLをコピーしました