おカネの教室 僕らがおかしなクラブで学んだ秘密

Book

『おカネの教室 僕らがおかしなクラブで学んだ秘密』

著者:高井 浩朗

本書は小説風に書かれた本である。

中学生の男女が、長身かつハイテンションな先生から『おカネについて』授業・課題を受けていく。

おカネの得る方法は6つある。

①かせぐ

②もらう

③ぬすむ

④かりる

⑤ふやす

⑥???

①〜⑤についての解釈を学び、⑥が何なのか考えながら読んでいただきたい。

Article

・「先延ばし癖」を治す7つの方法

「先延ばし癖」を治す7つの方法
人間とは、やるべき事をぐずぐず先延ばしにする生き物である。もちろん、例外の人もいる。だが大半の人は人生における何かしらの側面(家庭、仕事、恋愛、または健康)でいつも物事を先延ばしにていることを自...

・格差を固定する「子どもの貧困」

格差を固定する「子どもの貧困」 | 3分でわかる政治の基礎知識 | 毎日新聞「政治プレミア」
 日本でも子どもの貧困の深刻さが指摘されています。何が問題なのでしょうか。 高い貧困率  世帯所得から税や社会保険料などを除いた1人当たりの手取り収入を順に並べ、真ん中となる人の金額(2015年は245万円)の半分を「貧困線」と言います。

・コントロールできないリスクと、コントロールできるリスク

コントロールできないリスクと、コントロールできるリスク | ZUU online
リスクを負うことにより元本保証商品以上の利回りが期待できる反面、投資の運用結果はコントロールできません。
タイトルとURLをコピーしました