柔らかい頭の作り方:身の回りの見えない構造を解明する

Book

『柔らかい頭の作り方:身の回りの見えない構造を解明する』

著者:細谷 功

「あなたは頭の固い人間ですね」と言われて喜ぶ人はいるのだろうか?

僕は柔らかい頭でありたいと思っている。

しかし、人生の中で油断していると頭は硬くなっていく。

頭が硬くなる理由として大きく3つだと思った。

①自分中心で物事を判断する。

②二者択一の極論に至りやすい。

③気づいていない領域がある事を認めない。

本書は具体的な捉え方を記載している。文章は意外と堅め。ただ、イラストが可愛くてバランスを取っている。

Article

・日曜夜の憂鬱を克服する5つの方法

日曜夜の憂鬱を克服する5つの方法
理論的には、金曜日の夜から月曜日の朝までは全てあなたが自由に使える時間のはずだ。日曜日の午後の時間を家族や友人、恋人、愛するペットと楽しむ代わり、「明日はどんな会議があるのか」「上司に提出しなければいけないものは何か」「朝の会議に出席するた

・「時代の変化に適応する」ために読みたい3冊|クリエイターの本棚

「時代の変化に適応する」ために読みたい3冊|クリエイターの本棚
旅するように、本を読む。一冊の良書は好奇心を刺激し、読み手を新たな書へと駆り立てる。この連載では、新規事業開発や広告制作を手がけると同時に、本をこよなく愛する筆者が、知的欲求を辿るように読んだ書籍を毎回3冊、テーマに沿って紹介していく。第3

・竹中平蔵「現代人は90歳まで働くことになる」

竹中平蔵「現代人は90歳まで働くことになる」 自分の10年~20年後の履歴書を書け
意外と意識している人はまだ多くないのですが、私たちはこれからすごく長寿の時代を生きることになります。たとえば100歳まで生きるとすると、90歳くらいまでは働くことになるでしょう。でも、約70年間1つの会社で…
タイトルとURLをコピーしました