ラファエル前派の軌跡展

Place

『ラファエル前派の軌跡展』

会場:あべのハルカス美術館

今日は『ラファエル前派の軌跡展』へ行ってきた。

会場のあべのハルカス美術館へ行くのは初めてだった。支払いはクレジット以外に電子マネーで行えたり、ロッカーは実質無料(100円入れて戻ってくるタイプ)だったりで快適だった。

『ラファエル前派同盟』とは、1848年に英国芸術の若手画家達によって結成された同盟の事である。そして、彼らを支援していたラスキンの絵画も含めて合計152点が展示されている。

出品リストには人物相関図が載せられており、彼らの師弟関係、同盟関係だけでなく男女関係についても知ることが出来る。

あと、入って驚いたのは一部のエリアで撮影可能になっている。スマホをロッカーに入れていたので失敗した。このブログを読んだ方はスマホの持ち込みを勧める。

この展示会は12月15日まで行われているので、良かったら是非。

ラファエル前派の軌跡展 | あべのハルカス美術館
Article

・外国人介護職の積極雇用は3割満たず 人手不足が深刻なのに…「日本語でのコミュニケーション」に課題 滋賀県の事業所調査

お探しのページが見つかりません|京都新聞

・政府、社会保障1300億円圧縮。薬価引き下げや介護負担増

https://this.kiji.is/555721962410050657?c=113147194022725109

・「マネジメントできない」企業に足りない発想。机上の空論では、何も前に進まない

「マネジメントできない」企業に足りない発想 机上の空論では、何も前に進まない | マネジメントソリューションズ
「当社が事業の軸に据えているのが『PMO』(プロジェクトマネジメントオフィス)。これは端的に言うと、意思決定支援のコンサルティングです。当社が蓄積したプロジェクトマネジメントの知識体系と経験、ノウハウ…
タイトルとURLをコピーしました