今夜、ロマンス劇場で

Movie

『今夜、ロマンス劇場で』(2018年)

ジャンル:ラブコメディー

上映時間:109分

監督:武内 英樹

出演:綾瀬 はるか、坂口 健太郎 他

<感想>

映画監督を目指して助監督で働く青年。通い詰めた映画館「ロマンス劇場」で見つけたモノクロ映画から憧れの女優が現実世界に出てきた。青年と女優は惹かれ合うが、女優は人のぬくもりを感じると実は…というお話。

正直、ウディ・アレンの『カイロの紫のバラ』に似てると思った。映画から登場人物が出てくる点は。

しかし、本作の方がさらっとしたラブコメディーな感じがしていて、着地は良い感じだった。

Article

・緊張したらメモしよう。愛想を振りまかずに仕事ができる人になる方法

緊張したらメモしよう。愛想を振りまかずに仕事ができる人になる方法
「自分は、コミュニケーション能力が低いのではないか?」というような悩みを抱えている方は、決して少なくないはず。しかし『コミュ力なんていらない 人間関...

・危険信号を見逃すな。心身が休暇を求めている3つのサイン

3 signs you need to take a break from work
More time working doesn’t mean you’re getting more done. Here’s how to know when you need to take a vacation—or even just an afternoon off.

・資金調達は様々な手段を従来から検討、決定の事実ない=ANA

資金調達は様々な手段を従来から検討、決定の事実ない=ANA
[東京 15日 ロイター] - ANAホールディングス は15日、劣後ローンと公募増資を行うと報じられたことを受けて、「資金調達については様々な手段を従来より検討しているが、現時点で決定した事実はない」とのコメントを発表した。
タイトルとURLをコピーしました