エージェント:ライアン

Movie

『エージェント:ライアン』(2014年)

Bitly

ジャンル:アクション

上映時間:105分

監督:ケネス・ブラナー

出演:クリス・パイン、 キーラ・ナイトレイ 他

<あらすじ>

CIAにスカウトされた男性は、ロシアがアメリカに対してテロ・経済的崩壊を企てていると気づいて…というお話。

<感想>

原作は小説で、「ジャック・ライアン」が主人公の映画作品は他にもあるらしい。

彼女が浮気を疑って来てしまうけれど、それがキッカケで作戦に参加させるのも大胆な展開だなと思った。

調べて驚いたのは敵役だったケネス・ブラナー氏は監督をしていた事。

バランスの良いアクション映画だと思う。

Article

・ヤマハ発動機が実践する、絶対外せない7つの顧客接点を最大限生かし、顧客とつながり続けるための秘策

ヤマハ発動機が実践する、絶対外せない7つの顧客接点を最大限生かし、顧客とつながり続けるための秘策 | Japan Innovation Review powered by JBpress
ヤマハ発動機が取り組んできた顧客情報基盤構築とマーケティングへの活用実例について、同社のIT本部デジタル戦略部でデジタルマーケティングに従事する藤本勝治氏が紹介する。

・物価2%上昇でもGDP成長率「0.4%程度」、IMFが予測する5年後の日本経済“低成長”

物価2%上昇でもGDP成長率「0.4%程度」、IMFが予測する5年後の日本経済“低成長”
政府・日銀は2%物価目標実現で日本経済は持続的な成長軌道に戻るとしているが、IMFの2029年までの「世界経済見通し」では、今後、消費者物価上昇率は2%程度になるが、実質GDP成長率は0.4%程度にしかならない。無意味な物価目標を廃棄し財政...

・意外と知らない、日本と欧米企業には「決定的な差」があった

意外と知らない、日本と欧米企業には「決定的な差」があった(河合 雅司)
ベストセラー『未来の年表 業界大変化』は、製造・金融・自動車・物流・医療などの各業界で起きることを可視化し、人口減少を克服するための方策を明確に示した1冊だ。
タイトルとURLをコピーしました