世界一わかりやすいマーケティングの教科書

Book

『世界一わかりやすいマーケティングの教科書』

著者:宮永博史

Amazon.co.jp

マーケティングについて基礎の見直しをしたくて読んだ本。

キリン・モンベルなど実際の企業が例になっているのでイメージがしやすかった。

ユニークな点は「社内外の説得」について書かれている点。机上の空論だけでは物事は動かないのだなと改めて思った。

Article

・【毎日書評】自然と相手の心のガードを外す「ずるい聞き方」3つのテクニック

【毎日書評】自然と相手の心のガードを外す「ずるい聞き方」3つのテクニック | ライフハッカー・ジャパン
【毎日書評】『ずるい聞き方 距離を一気に縮める109のコツ』(山田千穂 著、朝日新聞出版)より、自然と相手の心のガードを外す「ずるい聞き方」3つのテクニックを解説します。

・授業時間は他国と大差ないのに…民間人にはわからない日本の小学校教員の「給食を食べる暇もない激務」の背景

授業時間は他国と大差ないのに…民間人にはわからない日本の小学校教員の「給食を食べる暇もない激務」の背景 「45分間の休憩時間」は6時間目+帰りの会でつぶれる
教員の労働環境の改善が課題になっている。大阪市の公立小学校に勤務する松下隼司さんは「私の学校では午後に45分間の休憩時間が設けられているが、実際に休んでいる同僚を見たことがない。朝8時ごろから定時の17時までノンストップで走り続ける働き方が...

・医療で人流呼ぶ、大和ハウス・大成建設などが札幌市で進める再開発プロの全容

医療で人流呼ぶ、大和ハウス・大成建設などが新さっぽろ駅周辺で進める再開発プロの全容 ニュースイッチ by 日刊工業新聞社
高齢化対応、街づくりに工夫 医療や教育を中核とする新たな街づくりが札幌市厚別区で進んでいる。大和ハウス工業や大成建設などが手がけた新さっぽろ駅周辺の再開発プロジェクト「マールク新さっぽろ」だ。商業施...
タイトルとURLをコピーしました