ブランド・プロデュース思考

Book

『ブランド・プロデュース思考』

著者:工藤一朗

Amazon.co.jp

ブランドと聞くと「高級なモノ」という発想があるけれど、本来は高級ではなくても会社・商品に対して情緒的な価値を提供できるようなモノだ。

そのためには消費者と企業の間に「プロミス」を設定し、商品・広告・サポートまで一貫性のある内容を示す必要がある。

日本ではブランディングに対してまだまだな部分はあるそうだが、ただ単にマーケティングをするよりもファンを得る事が出来うるので、ブランディングは大事だなと思った。

Article

・「人生まるごと会社に依存していて大丈夫?」…「危機にある中流」に投げかけられている「厳しい問い」

「人生まるごと会社に依存していて大丈夫?」…「危機にある中流」に投げかけられている「厳しい問い」(NHKスペシャル取材班)
かつて「一億総中流社会」といわれた日本の「中流」が危機にある。バブル崩壊後、日本経済は数十年に及ぶ長期デフレに陥り、中間層の賃金が上がらないまま現在にいたっている。この大きな原因とされるのが、正社員の「企業依存」と、それを維持する手段としての「非正規雇用の拡大」だ。これらが具体的にどのように「中流危機」と結びつくのか。...

・「iPhone 15/15 Pro」で変わるAppleのラインアップ戦略 無印モデルの“復権”なるか

「iPhone 15/15 Pro」で変わるAppleのラインアップ戦略 無印モデルの“復権”なるか
iPhoneのスタンダードモデルとプロモデルの位置付けは年によって異なる。2022年のiPhone 13は進化の幅が小さかったが、iPhone 15ではそれを克服している。プロモデルはプロセッサを刷新し、カメラの新機能や素材でも差を出している。

・今なぜ 「タクシーバブル」が起きているのか?「インバウンド復活」だけではない「稼げる意外な理由」

今なぜ 「タクシーバブル」が起きているのか?「インバウンド復活」だけではない「稼げる意外な理由」(二階堂 運人) @moneygendai
タクシードライバーに「この仕事は稼げるんですか?」と聞いて、「いや~、そうでもないですね」という答えが返ってきたら、それは真っ赤なウソだ。物流ライター・二階堂運人氏が「タクシーバブル」について語る。
タイトルとURLをコピーしました