図書館戦争

Movie

『図書館戦争』(2013年)

ジャンル:アクション

上映時間:128分

監督:佐藤信介

出演:岡田准一、榮倉奈々 他

<あらすじ>

悪影響をもたらすメディアを取り締まる法律ができて検閲が行われるが、武力を行使した激しさにもなっていた。図書館の本を守るために図書隊も設立されており、主人公は憧れの人のようになるために図書隊へ入隊したのだが…というお話。

<感想>

「本のためにそこまで激しい展開になるのか?」というのが率直な感想であり、その思い切った設定が面白みとしてあったのだろう。

ただ真面目な話とすれば、本の中には「表現の自由」「知る権利」という人間にとって大切な事がつまっているツールである。
正論が暴走して検閲している団体と、人権を守ろうとする団体の対立という内容でもあると思う。

Article

・「スタートアップ支援」担当閣僚を新設へ、「新しい資本主義」担当相との兼務検討

「スタートアップ支援」担当閣僚を新設へ、「新しい資本主義」担当相との兼務検討
政府は、スタートアップ(新興企業)の支援を強化するため、新たに担当閣僚を設ける方向で調整に入った。岸田首相は、看板政策「新しい資本主義」の柱にスタートアップの育成を掲げており、参院選後の内閣改造にあわせ、省庁の縦割りを

・町工場風のカラオケルームが面白い、地域密着コラボでものづくりの町に誕生

町工場風のカラオケルームが面白い、地域密着コラボでものづくりの町に誕生|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社
こちらは、町工場風のカラオケルームが面白い、地域密着コラボでものづくりの町に誕生のページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。

・野球か特別支援教育か 甲子園を目指したくても目指せない生徒たち

野球か特別支援教育か 甲子園を目指したくても目指せない生徒たち | 毎日新聞
 甲子園は多くの高校球児が目指す夢の舞台だ。しかし、甲子園を目指したくても「硬式野球部」のある学校に進めず、目標にすらできない生徒がいる。知的障害のある特別支援学校の生徒。大好きな野球をやめるか、それとも障害に沿った専門的な教育を受ける機会を諦めるのか。「2択」しかない現状を変えようと、奔走する人々
タイトルとURLをコピーしました