外資系マネージャーが教える端的に伝える技術: 1つの視点と3つの基本ルールで誰でもわかりやすく伝えられる人に

Book

『外資系マネージャーが教える端的に伝える技術: 1つの視点と3つの基本ルールで誰でもわかりやすく伝えられる人に』

著者:アキヤマ・ダイジロウ

仕事の中では人に伝える機会は多いモノだ。
プレゼンをしたり、報連相をする時など。

その中で、端的に伝えるというのは大切な技術である。

本書では端的に伝えるための3つのルールが書かれていた。
また文末には伝える事は必ずしも○○とは限らないという注意文もあったのは面白い。

端的に伝えることについて書かれている本だけあって、ページ数が少なく非常に読みやすかった。

Article

・70歳までに受けておきたい「3つの検査」 血管・脳・睡眠をチェック

70歳までに受けておきたい「3つの検査」 血管・脳・睡眠をチェック | 日刊ゲンダイ ヘルスケア
①頚動脈エコー検査後期高齢者といわれる75歳以上になると、体温や血圧などの調節能力、視力や聴力などの...

・気が重い「お詫びメール」もラクに書ける…野口悠紀雄式”音声入力”活用術

気が重い「お詫びメール」もラクに書ける…野口悠紀雄式"音声入力"活用術 30分の散歩で2000字の文章を書く超プロの「コツのコツ」
専門性の高い内容でありながら、次々作品を発表している一橋大学名誉教授の野口悠紀雄さんは、とりわけ音声入力を活用するようになってから、生産性が大きく向上したという。30分の散歩で2000字の文章を書くというその独自の方法を、セブン-イレブン限定書籍『「超」書く技術』から紹介する──。(第3回/全3回)

・「人の気持ちが分からないのは、心が冷たいからではない」脳科学者がそう断言する理由

「人の気持ちが分からないのは、心が冷たいからではない」脳科学者がそう断言する理由 「共感」の幅を広げると人間関係はラクになる
人間関係の悩みにはどう向き合えばいいのか。脳科学者の茂木健一郎さんは「『わかり合える』という思い込みを止めることだ。相手の感情を汲み取るには、脳に備わっている相手に共感しようとする機能を高めることが大切だ」という――。
タイトルとURLをコピーしました