「好き」の設計図

Book

『「好き」の設計図』

著者:関野吉記

「好き」の設計図
インターネットの普及やデジタル化の進展で、新しい製品が毎日のように市場に登場し、どんなにいいものをつくっても、すぐに古くなり、飽きられてしまう。 こういう厳しい環境で企業が生き残っていくには、武器がいる。 著者が考える最も有効で強力な武器、...

内容は会社のブランディングについて。

アウターブランディングとインナーブランディングの違いはわかりやすかった。

ブランディングがしっかり出来ていると顧客だけではなく、従業員・株主などのステークホルダーからも好意的な関係性を築くことが出来るだろう。

著者は海外で生活していた経緯があるので、日本の企業のブランディングに対して違和感を持っている様子だった。
この事からブランディングをしっかり出来る事は日本の企業に対して優位性を持ち、海外を見据えた戦略も取りやすくなるのではと思った。

Article

・ハンギングボックスでデスク下に収納をプラス。持ち運べるから移動も超効率的に!【今日のライフハックツール】

ハンギングボックスでデスク下に収納をプラス。持ち運べるから移動も超効率的に!【今日のライフハックツール】 | ライフハッカー・ジャパン
ソニックの『ハンギングボックス A4ファイル対応 ユートリム』の使用レビュー。ノートPCや書類、小物を収納でき、机にかけておく便利アイテム。効率的な室内での移動が叶い、デスクまわりも整う優れた機能をお届けします。

・「MBAを持っていても結果が出ない人の残念な特徴」成果を出せる人に共通する習慣とは

「MBAを持っていても結果が出ない人の残念な特徴」成果を出せる人に共通する習慣とは
変化が激しく先行き不透明の時代には、私たち一人ひとりの働き方にもバージョンアップが求められる。必要なのは、答えのない時代に素早く成果を出す仕事のやり方。それがアジャイル仕事術である。『超速で成果を出す アジャイル仕事術』(ダイヤモンド社、6...

・「有名和菓子店」が相次ぎ倒産、業界を苦しめる3つの逆風とは

「有名和菓子店」が相次ぎ倒産、業界を苦しめる3つの逆風とは
有名和菓子屋が廃業するなど、「和菓子離れ」が指摘されている。そんな苦しい業界を変えるにはどうすればよいのか。『和菓子企業の原料調達と地域回帰』(筑波書房)の編著者であり、日本大学生物資源科学部食品ビジネス学科専任講師の佐藤奨平氏に聞いた。
タイトルとURLをコピーしました