結果を出し続ける人が朝やること 一流の人は朝が違う。

Book

『結果を出し続ける人が朝やること 一流の人は朝が違う。』

著者:後藤勇人

「夜型よりも朝型」「朝はゴールデンタイム」「早起きは三文の徳」など「朝の活動の良い効果」を聴いたことがある方は多いだろう。

ただ具体的に朝に何をしたらいいのか?がわからない方も多いと思う。

本書は朝に行った方がいい事が書かれている。

時間術・タスクに関する事だけでなく、メンタルコントロールや意識改革についての内容も書かれている。

Article

・カメラ以外の進化にも注目 iPhone 13シリーズ4機種ハンズオン

カメラ以外の進化にも注目 iPhone 13シリーズ4機種ハンズオン
アップルがiPhone 13シリーズの4つの新機種を9月24日に発売する。今回は新しいiPhoneの特徴的な機能のハンズオンレポートと、使ってみた手応えから「推しの1台」を選んでみたい。 賢いカメラ。ありそうでなかった機能も まずは前評判の

・40代、50代で早期リタイアしたサラリーマンが語る「FIRE」の秘訣

40代、50代で早期リタイアしたサラリーマンが語る「FIRE」の秘訣 | LIMO | くらしとお金の経済メディア
最近様々な場面で「FIRE」という言葉を目にするようになりました。その「FIRE」とは「Financial Independence, Retire Early」の頭文字4文字を取ったもので、経済的に自立して早期リタイアし、仕事に縛られずに自由に生きていこうという考え方です。今回は、40代でFIREした3人に、早期リタ...

・なぜ「お酒は20歳から」に決まったのか?――意外すぎるその理由とは

なぜ「お酒は20歳から」に決まったのか?――意外すぎるその理由とは(村上 道夫,永井 孝志,小野 恭子,岸本 充生)
賞味期限、放射線量、電車内での携帯電話……私たちはさまざまな基準値に囲まれて、超えた/超えないと一喜一憂して暮らしています。しかし、それらの数字の根拠を探ってみると、じつに不思議な決まり方をしているものが多いようです。
タイトルとURLをコピーしました