キツツキと雨

Movie

『キツツキと雨』(2012年)

ジャンル:コメディ

上映時間:129分

監督:沖田修一

出演:役所広司、小栗 旬 他

<あらすじ>

山村のきこりの中年男性と、ゾンビ映画の撮影で来た若手映画監督との交流のお話。

<感想>

ジャンルでコメディと表記されていたが、序盤はムッとするシーンが多くて戸惑ったが中盤以降からは温かなムードになり「なるほど、だからコメディなのね」という内容だった。

僕自身も自主製作だったが映画監督の活動をしていた事があったので共感できるところがあった。

監督は気を遣うし、決断もしないといけないから大変。小栗旬が演じた気弱な映画監督が成長していくのが良かった。

Article

・「後悔しない生き方」をするために、心のなかの恐怖と向き合う方法

「後悔しない生き方」をするために、心のなかの恐怖と向き合う方法
誰もが抱く「後悔」とは、「ああすればよかった」「こうすれば失敗は避けられた」など、自分の振る舞いがもたらすネガティブな感情。できれば避けたいものでも...

・「大金持ち」になる人に共通する3つの特徴

「大金持ち」になる人に共通する3つの特徴
ビジネスで成功を収め、自分の代で財産を築いた「大金持ち」。彼らのビジネスに対する基本的な「習慣と行動」を見ると、あきらかに共通する3つの特徴がある。

・アルツハイマー薬、米で承認=世界初、エーザイが共同開発

アルツハイマー薬、米で承認=世界初、エーザイが共同開発
 【ニューヨーク時事】米食品医薬品局(FDA)は7日、日本の製薬大手エーザイと米バイオ医薬品大手バイオジェンが共同開発したアルツハイマー病の治療薬「アデュカヌマブ」を承認したと発表した。これまで...
タイトルとURLをコピーしました