僕だけがいない街

Movie

『僕だけがいない街』(2016年)

ジャンル:サスペンス

上映時間:120分

監督:平川雄一郎

出演:藤原竜也、有村架純 他

<あらすじ>

リバイバルというタイムスリップの現象が起きる主人公。母が殺害されたのを変化させるために、過去に起きた同級生の誘拐殺人事件を防げるのか?というお話。

<感想>

注目を集めていたマンガが映画化になった作品らしい。

大人の時と子供の時の両方とも事件解決に向けて行動をしているのだが、非力な子供達が狙われている事件というのもあり、子供の時が観ていて怖い。

あの時ああしていたら…と思う事は誰しもあるだろう。違和感に対して勇気を出すって大切だな。

Article

・パリ協定の立役者が語る、2021年が気候変動対策の「重要な年」である理由

パリ協定の立役者が語る、2021年が気候変動対策の「重要な年」である理由:朝日新聞GLOBE+
地球温暖化対策の国際ルール、パリ協定が生まれてから6年。当時、米国や中国も加わり、産業革命からの気温上昇を1・5度未満に抑えるよう努力する目標で196もの国や地域が合意した。その熱気はなお、地球に残っているのだろうか。当時、国連気候変...

・「リモートワークでぐちゃぐちゃの頭」を一気に整理する考え方

「リモートワークでぐちゃぐちゃの頭」を一気に整理する考え方
「集中力が落ちた。あの頃は、もっと没頭できたのに──」。私たちは今、スマホやPCに1日平均11時間を費やしています。いつの間にか、『深い集中』が失われた、すべての人へ。集中を取り戻すための考え方・働き方を教えます。

・ガウディ作品からパンデミックの中での人生の「終わり方」を考える

ガウディ作品からパンデミックの中での人生の「終わり方」を考える(大原 浩) @gendai_biz
人生の晩年における不幸の連続は、ガウディ自身にとってつらいものであったに違いないが、その結果サグラダ・ファミリア教会建設に全力を注ぎ込んだことが、現代の我々にとっては幸いであったと言える。また、還暦を過ぎて「死」を意識した時に、「自分がやるべきことに集中する」動機になったという意味で、最終的には良い結果をもたらしたと言...
タイトルとURLをコピーしました