マグダラのマリア

Movie

『マグダラのマリア』(2017年)

ジャンル:伝記

上映時間:120分

監督:ガース・デイヴィス

出演: ルーニー・マーラ、ホアキン・フェニックス

<あらすじ>

「女性は結婚して夫に仕えるもの」という慣例に疑問を抱いていたマリアはイエス・キリストと出会い、洗礼を受けて使えることになった。
新約聖書の福音書に登場するマグダラのマリアのお話。

<感想>

今でいうところの男尊女卑の価値観だが、この時代からあったのかというのが率直な感想。

女性として珍しく洗礼を受けたマリア。そのことから他の土地の女性にも影響を与える。

「神の子」「救世主」と称えられるキリストの内なる苦痛を支えていた。

僕自身がキリスト教に対する知識が乏しいのだが、キリストの母の名がマリアで、従えていたのもマリアというのは凄い偶然だなと思う。

Article

・成功者が実践している、8つの「朝のルーティーン」…著名IT経営者、ビジョナリー、アメリカ建国の父まで

成功者が実践している、8つの「朝のルーティーン」…著名IT経営者、ビジョナリー、アメリカ建国の父まで
成功した人たちは多かれ少なかれ、決まった朝のルーティーンを持っている。彼ら・彼女たちは、朝の時間が一日の生産性を高める上でどれだけ重要か、よく知っ...

・「エコ商品」はほんとうに地球に優しいか…?日本人に知ってほしい「意外な真実」

「エコ商品」はほんとうに地球に優しいか…?日本人に知ってほしい「意外な真実」(小島 健輔) @moneygendai
近年は「地球環境に優しい」を志向して身近な「ゴミ削減」や「リサイクル」から「CO2削減」「脱炭素・化石燃料」、果ては「SDGs」(2015国連サミット採択の「持続可能な開発目標」)まで行政が旗振りし、企業のイメージキャンペーンも盛んだが、「レジ袋廃止」など何が環境改善なのか意味不明なものもあり、本業の悪行から目を逸らす...

・給与デジタル払い、21年度制度化 具体案提示へ―厚労省方針

給与デジタル払い、21年度制度化 具体案提示へ―厚労省方針:時事ドットコム
内閣府は5日、規制改革推進会議の作業部会を開き、給与をスマートフォンの決済アプリに直接入金する「デジタル払い」について議論した。厚生労働省は会合で、2021年度のできるだけ早期に制度化を目指すと表明。この問題を議論している労働政策審議会分科会の次回会合で具体的な制度案を示す方針を明らかにした。
タイトルとURLをコピーしました