教養として学んでおきたい5大宗教

Book

『教養として学んでおきたい5大宗教』

著者:中村 圭志

現代は科学の時代だが、それより以前の長い期間は宗教が人類に大きな影響を与えていた。
日本は宗教に対しての認識が他国より薄い国だが、他の国では生活様式の土台になる価値観にもつながっているため、他国との多様な関りを持つには宗教の教養は大切だろう。

本書ではユダヤ教、キリスト教、イスラム教、ヒンドゥー教、仏教について書かれている。

Article

・節約したい人の「ポイント活用法」どんな使い方があるのか

節約したい人の「ポイント活用法」どんな使い方があるのか | LIMO | くらしとお金の経済メディア
新型コロナウイルスの感染拡大がきっかけで、節約への意識が高まったという人も多いのではないでしょうか。共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティングによる調査結果によると、「節約したい」人とそうでない人には、ポイント活用意識に大きな差があることがわかりました。そこで本記事では、...

・イオン「デジタル売上高1兆円」の前に残る不安

イオン「デジタル売上高1兆円」の前に残る不安 | 百貨店・量販店・総合スーパー
「2025年には1兆円を超えるデジタル売上高を計画しており、『オンラインデリバリー=イオン』というイメージを作りたい」4月9日に開かれた流通大手・イオンの2021年2月期決算説明会。その場では、2026年2月期を最…

・精神科医が知っている「悩みがまったくない人の考え方」

精神科医が知っている「悩みがまったくない人の考え方」
コロナ禍や自粛生活などの「環境の変化」により、多くの人が将来への不安を抱え、「大きなストレス」を感じています。ストレスを溜め込みすぎると、体調を崩したり、うつなどのメンタル疾患に陥ってしまいます。総フォロワー数50万人を超える精神科医、樺沢紫苑氏による最新作『ストレスフリー超大全』では、ストレスフリーに生きる方法を、「...
タイトルとURLをコピーしました