検察側の罪人

Movie

『検察側の罪人』(2018年)

ジャンル:サスペンス

上映時間:123分

監督:原田眞人

出演:木村拓哉、二宮和也 他

<あらすじ>

老夫婦の殺人事件の容疑者の一人に、時効となった少女殺人事件の有力容疑者がいた。検事の最上は少女との関係があり犯人を憎んでいた。法により裁くため今回の事件の容疑者として追い詰めようとするのだが…というお話。

<感想>

法のもとでの正義と、自身にとっての正義。

正義は何なのか?

むしろ正義感が強いことによって憎しみ・怒りにはまっていくのかもしれない。

正義という危うさを感じる作品だった。

Article

・「インターン」は仕事体験必須=企業、採用選考を視野―経団連と大学

「インターン」は仕事体験必須=企業、採用選考を視野―経団連と大学
 経団連は19日、採用や大学教育の在り方を大学側と話し合う産学協議会を開き、企業が学生を対象に行う「インターンシップ」(就業体験)の新たな定義などを盛り込んだ報告書を取りまとめた。学生が一定期間...

・メモは取らない。無駄を省いて結果を出すトヨタ流「30分会議術」

メモは取らない。無駄を省いて結果を出すトヨタ流「30分会議術」
複雑性が増し、予測不可能な現代に求められているのは、「ギガ速で成果を出すためのコミュ力(コミュニケーション能力)」。 『トヨタの会議は30分 ~GA...

・銀行の「おトクな」「貯まる」選び方・使い方。”何となく”はもったいない

銀行の「おトクな」「貯まる」選び方・使い方。”何となく”はもったいない | LIMO | くらしとお金の経済メディア
普段何気なく使っている銀行。4月から新社会人になったり、大学に進学するなどで初めて銀行口座をつくったという方がいる一方で、同じ銀行を使い続けて十数年経つというケースもあるでしょう。実は、銀行の選び方や使い方は貯金をするうえでも重要。銀行の使い方を変えるだけで、物理的にも、メンタル的にもお金が貯まる仕組み作りを行うことが...
タイトルとURLをコピーしました