心理試験

Book

『心理試験』

江戸川 乱歩

大金を持っていた老婆を殺して金を奪う計画を実行した大学生。親友が容疑者として捕まり、事件は完全犯罪となりかけていたが心理学に詳しい判事が大学生と親友に心理試験を行って…というお話。

明智小五郎シリーズの2作目で、本作は犯人が主人公として事件の概要はわかっているが、どう切り崩していくのか?という構成になっている。

徹底した準備による犯行、徹底した準備による心理試験の被検者というのが仇になる。

1時間未満で読める短編小説だが読み応えがあった。

Article

・仕事の超基本「お客の声を聞く」の正しい考え方

仕事の超基本「お客の声を聞く」の正しい考え方 | リーダーシップ・教養・資格・スキル
アメリカの国民的作家アーネスト・ヘミングウェイは、回想録『ムーバブル・フィースト』の中で、自身の創作の秘密に触れこんなことを言っています。「真実の1文から始めよ」ヘミングウェイは『老人と海』などで知…

・「なぜか部下と間違われる人」が持つバッグ、品のある管理職が持つバッグの決定的な違い

「なぜか部下と間違われる人」が持つバッグ、品のある管理職が持つバッグの決定的な違い 持ち物で差がつく信頼度と安心感
「実用性と見た目を兼ね備えたデザインはなかなか見つからない」――実は、管理職の女性たちを密かに悩ませているバッグ選び。なぜか部下と間違われる人と、仕事ができるキャリアが持つバッグの差はどこにあるのでしょう? 過去のアンケート結果と合わせて紐解いてみましょう。

・もう迷わない「iPhone 12」選び 何年前のiPhoneは買い替えるべき?

もう迷わない「iPhone 12」選び 何年前のiPhoneは買い替えるべき? | マイナビニュース
カメラ性能やデザインを改良し、便利なMagSafeなどの新装備も加わったiPhone 12シリーズ。...
タイトルとURLをコピーしました