「できる人」の時間の使い方 なぜか、「時間と心に余裕のある人」の技術と習慣

Book

『「できる人」の時間の使い方 なぜか、「時間と心に余裕のある人」の技術と習慣』

著者:箱田 忠昭

時間は常に流れているモノ。油断するとドンドン浪費してしまう。

本書は時間管理というよりは「しっかりと目標を立てて、有効的に時間を使おう!」という内容の本である。

Article

・令和初公表!47都道府県「幸福度」ランキング

令和初公表!47都道府県「幸福度」ランキング | 住みよさランキング
地域社会に生きる人々の幸福を考えるきっかけをつくることを目指して、2012年に発刊した「都道府県幸福度ランキング」。9月4日に発売となった『全47都道府県幸福度ランキング2020年版』(監修:寺島実郎、編:日本…

・「心理学を職場で活かす!」すぐに使える5つのテクニック

「心理学を職場で活かす!」すぐに使える5つのテクニック | LIMO | くらしとお金の経済メディア
仕事をうまく進めるためには、円滑なコミュニケーションが欠かせません。職場での日頃のやりとりや、クライアントとの関係性づくりなど、もっとスムーズにできればと思う人も多いでしょう。そんな対人関係に役立つのが心理学です。心理学のアプローチを上手に活用すれば、好印象を与えたり、信頼感につながったり、うまく交渉を進めたりすること...

・信頼できるのは「従順な部下」ではなく、腹落ちするまで質問する「面倒臭い部下」である。

信頼できるのは「従順な部下」ではなく、腹落ちするまで質問する「面倒臭い部下」である。
単なる「優秀な部下」にとどまるか、「参謀」として認められるかーー。これは、ビジネスパーソンのキャリアを大きく分けるポイントです。では、トップが「参謀」として評価する基準は何なのか?それを、世界No.1企業であるブリヂストン元CEOの荒川詔四氏にまとめていただいたのが、『参謀の思考法』(ダイヤモンド社)。ご自身が40代で...
タイトルとURLをコピーしました