ピンクとグレー

Movie

『ピンクとグレー』(2016年)

ジャンル:ヒューマン

上映時間:119分

監督:行定 勲

出演: 中島裕翔、 菅田将暉 他

<監督>
有名俳優の白木が自殺。その第一発見者であり、親友の河島が6つある遺書から選んだ事を遂行し有名になるのだが…というお話。

原作はNEWSの加藤シゲアキ。

現実の世界では芸能人の自殺が続いており、物凄いタイミングで観たなというのが率直な感想。
そして、菅田将暉の演技はやや狂気的な部分があるなと改めて思った。

62分後の展開は衝撃的だった。

Article

・「自分はちゃんと評価されてない」…文句ばかりの「勘違い中年会社員」を襲う悲劇

「自分はちゃんと評価されてない」…文句ばかりの「勘違い中年会社員」を襲う悲劇(寺田 淳) @gendai_biz
「現代ビジネス」は、第一線で活躍するビジネスパーソン、マネジメント層に向けて、プロフェッショナルの分析に基づいた記事を届ける新創刊メディアです。政治、経済からライフスタイルまで、ネットの特性を最大限にいかした新しい時代のジャーナリズムの可能性を追及します。

・科学的根拠が示す「老いなき世界」のリアル度

科学的根拠が示す「老いなき世界」のリアル度 | 健康
アンチエイジング(抗老化)にはどんなイメージを持っておられるだろう。大枚をはたいてやっているという積極派から、なんとなくうさんくささを感じる懐疑派、あるいは、とくに興味はないという無関心派などに分か…

・ドラッカーが考える「成果」は、売り上げとは違う次元にある

ドラッカーが考える「成果」は、売り上げとは違う次元にある
ドラッカーの書籍を読み解くためには、まずドラッカーマネジメントの骨格にあたる部分を理解する必要がある。そのエッセンスと、骨格にあたる「5つの質問」とを理解して、混迷する「VUCA」時代の経営の羅針盤としてドラッカーマネジメントを活用しよう。
タイトルとURLをコピーしました