時間とお金の見直しのタイミング

Opinion

『時間とお金の見直しのタイミング』

この週末は時間とお金について見直すタイミングだった。
緊急事態宣言が出た後、僕にとって大きなスケジュール変更があったからだ。
それに伴ってお金の見直しを行ったのだ。
ちなみに悪い変化ではなく、物凄く良い変化だからご安心を。

今回のコロナショックで大きく仕事は変化するだろう。
というのもオンラインで会議も接待も良くないか?と気づいた人が増えたからだ。
一度そこに触れると時間とお金の見方が皆が変わってくる。

例えば、接待にしても会議にしても移動しなければならない。
場所によっては交通費が必要になる。
オンラインで良ければ移動時間も交通費も削減される。
これに気づいてしまったら大体の事はオンラインでいいのでは?と気づく。

コロナショックからの回復は世界的にみると長丁場になる事が予測されている。
この間に時間とお金の使い方について様々な変革は起きるだろう。

Article

・手塚治虫が”とにかく死ぬのが怖い”という20代若手社員に贈る言葉とは

手塚治虫が"とにかく死ぬのが怖い"という20代若手社員に贈る言葉とは 「人生の負け犬」にならないために
死とは何か。私は20代だが、寝る前にふと疑問に思うことがある。死とは突然やって来るもの。そう思うと何だか怖くなって眠れなくなる。あぁ神様……私だけが死なないようにしてもらえませんか。

・名刺交換と対面挨拶、ついに崩れる日本の常識

名刺交換と対面挨拶、ついに崩れる日本の常識 リンクトイン・村上代表が語るコロナ後の採用と働き方 | JBpress(Japan Business Press)
国内のビジネスの場で、はじめましての挨拶ですらオンラインが担ったというのは今回が初めてだと思います。名刺交換と顔合わせという儀式からビジネスがスタートする日本の常識が、ついに壊れたんです。

・35歳からの転職で強力な武器となる「資格と数字力」とどんなものか

35歳からの転職で強力な武器となる「資格と数字力」とはどんなものか | PRESIDENT WOMAN Online(プレジデント ウーマン オンライン)
活況が続いている転職市場。国全体で女性登用を進める動きが強まっている中、管理職経験者あるいは管理職候補となる女性を多くの企業が求めている。しかし、ある程度キャリアを積んだ女性であれば引く手あまたかと…
タイトルとURLをコピーしました