緑色の髪の少年

Movie

『緑色の髪の少年』(1948年)

ジャンル:ドラマ/コメディ

上映時間:91分

監督:ジョセフ・ロージー

出演:ディーン・ストックウェイ、ロバート・ライアン 他

<感想>

両親が戦争で死亡したという知らせを聞いて、ショックで緑色の髪になった少年のお話。

ショックで髪の色が変わってしまったのにも関わらず、周囲は好奇の目で見る。学校では伝染病疑惑が流れたり、街では水か牛乳が原因ではと騒動になってしまう。

少年の心の傷を無視して、周りは髪のことであれこれ言ってくる。少年は孤独により周りを信じれなくなっているのが凄く伝わってきた。

この映画は反戦映画でもあり、1948年と終戦まもない時に上映されたのが当時では問題視されていたらしい。

Article

・自分だけの視点で「自分なりの答え」を生み出す。VUCA時代のアート思考

自分だけの視点で「自分なりの答え」を生み出す。VUCA時代のアート思考
大人の学びの世界において「アート的なものの考え方=アート思考(Art Thinking)」が見なおされていると指摘するのは、『「自分だけの答え」が見...

・“1日1冊回覧”で働き方改革、実施企業が得た成果

“1日1冊回覧”で働き方改革、実施企業が得た成果|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社
こちらは、“1日1冊回覧”で働き方改革、実施企業が得た成果のページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。

・年休「義務化」からはや1年……休み方はどう変わった?

年休「義務化」からはや1年……休み方はどう変わった? | ZUU online
2019年4月に「働き方改革関連法」が施行されてから、まもなく1年。だが、浸透しているとは言い切れないのが現状だろう。そこで、海外や成功者の事例から休むことのメリットを探った。
タイトルとURLをコピーしました