「会社行きたくない」と泣いていた僕が無敵になった理由〜人間関係のカギは、自己肯定感にあった〜

Book

『「会社行きたくない」と泣いていた僕が無敵になった理由〜人間関係のカギは、自己肯定感にあった〜』

著者:加藤 隆行

仕事上での悩みの第一位は『人間関係』にあると言われている。

その人間関係の悩みに大きく関与しているのは自己肯定感だと本書では説明されている。

自己肯定感が低くなっている状態でみられるのは『反抗』と『悲観』だそうだ。

同じことを言われたとしても、『何で俺がそんなことを言われないといけないのか!』『確かに一理あるかもしれない』『あー…やっぱり俺はダメな人間だ』と反応は様々。

その反応に関わっているのが自己肯定感の状態だというのは、凄く納得がいった。

自分の過去・現在に当てはまるので、これからに活かしていきたいと思った。

Article

・結果を残すために「ノルマ」は必要!? ネギ1本1万円で売る男の持論

結果を残すために「ノルマ」は必要!? ネギ1本1万円で売る男の持論(清水 寅) @gendai_biz
「現代ビジネス」は、第一線で活躍するビジネスパーソン、マネジメント層に向けて、プロフェッショナルの分析に基づいた記事を届ける新創刊メディアです。政治、経済からライフスタイルまで、ネットの特性を最大限にいかした新しい時代のジャーナリズムの可能性を追及します。

・「夫婦の家事分担」うまくいってる?自己満足する夫に妻の厳しい目

「夫婦の家事分担」うまくいってる?自己満足する夫に妻の厳しい目
共働きが増え、女性の「社会進出」が何かと話題になる一方で、もう一つの課題は男性の「家事・育児進出」である。昔より子どもを抱いて出かける男性の姿を目にすることが多くなったとはいえ、家事・育児はまだ女性に負荷がかかる状況が続いている。アンケートからは、家事・育児について男性の自己評価が高い様子も浮かび上がってきた。

・戦力外の瞬間は「ほとんど言葉覚えてない」 1年前の経験者が語る生々しい経験

戦力外の瞬間は「ほとんど言葉覚えてない」 1年前の経験者が語る生々しい経験
だんだんと日差しの鋭さがなくなってくると、この季節が来たのだと思う。プロ野球12球団では、来季構想外となった選手への戦力外通告が本格化する。多くが現役のユニホームを脱ぐ野球人生の大きな分岐点。その瞬間を1年前に経験した元外野手は、今でも生々しく覚えている。
タイトルとURLをコピーしました