人事のプロが明かす評価基準

Book

『人事のプロが明かす評価基準』

著者:西尾 太

人事評価の制度がない・機能していない企業は多い。それ故に『なぜあの人が出世を?』という事態が起きやすい。

また人事制度が設けられている事によって、優秀な課長がなかなか出世出来ない状況がある事の理由も本書では書かれている。それは他の人事評価の本と違って斬新だった。

要約すると、一般職から段々と役職が変わっていくにつれて求められる資質・能力(コンピテンシー)が変わっていくため、部長のコンピテンシーがない人は課長で止まるということである。

このコンピテンシーを理解して、それぞれのポジションに対して役割分担・教育・評価が出来れば良い人事ではないかと思った。

Article

・日本の医療をGAFAに牛耳られない為に必要な策

日本の医療をGAFAに牛耳られない為に必要な策 | 政策
デジタル庁の創設により加速すると期待される日本のデジタルトランスフォーメーション(DX)。「日本がデジタル化で遅れる決定的な構造要因 国家・産業・企業における競争戦略を考える」(2020年10月3日配信)に続…

・「自分に必要な人は会って5分でわかる。9割捨てていい」カマたくが語る“人生の断捨離”

「自分に必要な人は会って5分でわかる。9割捨てていい」カマたくが語る“人生の断捨離”|新R25 - シゴトも人生も、もっと楽しもう。
「捨てても、意外と死なないよ?」

・SNSで暴言を吐く「かわいそうな人たち」が幸せでありますように

SNSで暴言を吐く「かわいそうな人たち」が幸せでありますように 幼き心を持った大人は多いものです
YouTubeチャンネル『大愚和尚の一問一答』が人気の大愚元勝氏は、三法人七事業の経営者でもあるという異色の僧侶だ。「仏教は仕事や実生活にも役立つ、世界最高の知恵だ」という考えから、仏教で人生を変える方法を配信している。「嫌いな人への嫌悪感は、慈しみに変えられる」と説く大愚和尚の真意とは――。
タイトルとURLをコピーしました