アランの幸福論

Book

『アランの幸福論』

著者:アラン

訳:齋藤 慎子

今日は台風が来る日だったので、家の中で過ごした。

以前購入し、何度か読んでいる『アランの幸福論』は今日読み返しても新鮮さがある。

本書で述べられているのは、幸福に過ごすためには感情との接し方が重要であるという事だった。

そのための方法として、行動をより良いものにしていくべきだと記載されている。

礼儀正しく、健康的で、仕事に対して真摯で、微笑んで過ごす。この行動をとっているときに不幸な事は考えにくいというのだ。

なるほどなと思う。

お盆休みが終わり、明日から仕事が開始である。気分よく取り組んでいきたい。

Article

・【加藤綾子さん連載】「自慢は友人がいないことです」カレーハウスCoCo壱番屋 創業者 宗次德二さん

【加藤綾子さん連載】「自慢は友人がいないことです」カレーハウスCoCo壱番屋 創業者 宗次德二さん | MEN'S EX ONLINE |
多くの個を束ね、組織を成功に導いている一流のトップには、どんな思考があるか?会社のマネジメントにも役立つ

・整理収納・片付けの進め方:クローゼット・リビング・ダイニング・キッチン編<片付け連載>Vol.3

整理収納・片付けの進め方:クローゼット・リビング・ダイニング・キッチン編<片付け連載>Vol.3
カリスマ整理収納アドバイザーの中山真由美さんに、考えずに無理なく整う部屋づくりを学ぶ<片付け連載>。今回は、Vol.1でご紹介した「片付けの基本ルー...

・タンパク質と運動はセット。毎食補給するための取り入れ方とは?

タンパク質と運動はセット。毎食補給するための取り入れ方とは?
体を鍛えるのに欠かせない栄養、タンパク質。運動をするということは、体の筋肉に負荷をかける行為でもあります。そこで壊れた筋肉を修復するのに、材料である...
タイトルとURLをコピーしました