天空の蜂

Movie

『天空の蜂』(2015年)

ジャンル:スリラー/サスペンス

上映時間:138分

監督:堤 幸彦

出演:江口洋介、本木雅彦 他

〈感想〉

「ジャックされたヘリが原発に向けて墜落されるまで8時間。ヘリと原発の技術者、警察達は阻止できるのか?」というお話。

表現の自由があり、もちろんフィクションの映画だが、製作する勇気が凄いなと思った。

『原発』に対しては、国民の中でも賛否両論が分かれており、シリアスな内容だと思うからだ。

僕自身は、昔に『原発反対』の運動をしていた人達と知り合って、集まりに参加した事がある。

過激だったし、活動している方々の強さと傷ついている様子を見て、僕の頭の中で『正しさってなんだろう?』っていう疑問が当時は強く湧いた。

結局、僕は『賛否に対してどちらでもない』のゾーンに入っているのだが、全く関心が無くなった訳ではない。

いや、関心は持っておくべきだ。

何が正解かはわからないけれども。

そして、どの立場の方にも大事な価値観や努力、大事な家族や仲間がいて葛藤の中仕事をしている。

それは事実だ。

この映画を観てそう思った。

Article

・グーグルが見出した「最高のリモートチーム」をつくる3つのヒント

グーグルが見出した「最高のリモートチーム」をつくる3つのヒント
リモートワーカーとして数年働いた経験から、私はバーチャル職場の難しさを知っている。実際には一度も会ったことのない同僚との関係の構築、さまざまなタイムゾーンをまたぐ仕事、本来の意図どおりに機能しな...

・若い頃から複利がつく貯金を始めると将来の選択肢が増える

若い頃から複利がつく貯金を始めると将来の選択肢も増える
5年後の自分はどうなっていると思いますか?そう聞かれると、果たして今の会社にまだ勤めているのか、今と同じところに住んでいるのか、独身なのかパートナー...

・AI時代に伸びる人、淘汰される人

AI時代に伸びる人、淘汰される人森岡毅インタビュー[4]
平成時代が終わり、令和時代が幕を開ける。同時に働き方改革関連法が施行され、日本人の働き方も新しい時代を迎えそうだ。とはいえ、景気が回復したとは言い難く、明るい話題ばかりではない。「何をしたいのかわからない」と悩む就活生も、「このまま今の会社にいていいのか」と悩む社会人も少なくないだろう。  そんな悩みを解決する本が、...
タイトルとURLをコピーしました