未来を花束にして

Movie

『 未来を花束にして』( 2015年)

ジャンル:伝記

上映時間:106分

監督:サラ・ガヴロン

出演:キャリー・マリガン、ヘレナ・ボナム=カーター

<感想>

1910年代にイギリスで婦人参政権を求めて戦った女性達の姿を描いた作品。

活動の様子が激しく、テロ活動では?と思う内容もあって驚いた。

それくらい女性達は権利を得れていなかったのだろう。

今の日本では参政権に限らず、色んな人権が尊重されてきている。

もちろん、未だに虐げられている物事はあるのかもしれないが、歴史を勉強する事によって恩恵に気づく事は多々あるだろう。

Article

・ビジネスから趣味まで。自分のスキルで暮らしていくためのシェアリングサービス

ビジネスから趣味まで。自分のスキルで暮らしていくためのシェアリングサービス
『いまこそ知りたいシェアリングエコノミー』(長田英知 著、ディスカヴァー・トゥエンティワン)の著者は、Airbnb Japan株式会社執行役員。大学...

・【3ステップ】柔軟に働く職場は「負荷軽減労働」の導入から

【3ステップ】柔軟に働く職場は「負荷軽減労働」の導入から
社員が燃え尽きることなく、多様なキャリアを歩み、家庭や人生に満足して長く働き続けるためには、企業側が柔軟な働き方を認めることが必要不可欠だ。しかし多くの職場では、「柔軟な勤務体制」は未だ新しい概...

・セールスフォースが職場と社員の満足度で常にトップにいる理由。CEOの近著から探る

セールスフォースが職場と社員の満足度で常にトップにいる理由。CEOの近著から探る
米セールスフォース・ドットコムのマーク・ベニオフ会長兼共同CEOは、信用、イノベーション、平等、カスタマーサクセスという4つのコアバリューを企業文...
タイトルとURLをコピーしました