心くばりの魔法

Book

『心くばりの魔法』

著者:櫻井 恵里子

ディズニーにいくと楽しさと居心地の良さを感じてまた行きたいと思った方は多いのでは?

そんなディズニーの人材トレーナーだった著者が『心くばり』について書いた本である。

僕自身まだまだだが、接遇や人間関係で悩んだ時に読むのはオススメ。

Article

・そのさみしさや孤独感は、「我慢グセ」をやめることで解消できる

そのさみしさや孤独感は、「我慢グセ」をやめることで解消できる
「孤独」というテーマは大きすぎて絶対に解決できない「人類の普遍のテーマ」のように捉える人も少なくない。心理カウンセラーである『誰にも言えない「さみしさ」がすっきり消える本』(石原加受子 著、SBクリエイティブ)の著者は、そう指摘します。

・広告の未来、それは「脳」の争奪戦かもしれない

広告の未来、それは「脳」の争奪戦かもしれない(岡本 裕一朗,深谷 信介) @gendai_biz
いま、世の中が広告化していることはたしかで、社会が広告化すればするほど、人々に飽きられないようにと広告は日替わり定食のようになっていく。

・筆記体の手書き教育をいまこそ復活させるべき理由

筆記体の手書き教育をいまこそ復活させるべき理由 | カナダの研究者がその効用を熱く綴る
デジタル文字入力・変換に慣れすぎて、いざ手書きの必要に迫られたとき、ぜんぜん文字が思い浮かばないという事態はないだろうか。 カナダでも、初等教育で手書き、とくに筆記体が必修でなくなってきていることに警鐘を鳴らす研究者がい
タイトルとURLをコピーしました