グリーンブック

Movie

『グリーンブック』(2018年)

ジャンル:ヒューマン

上映時間:130分

監督:ピーター・ファレリー

出演:ヴィゴ・モーテンセン、マハーシャラ・アリ 他

<あらすじ>

ナイトクラブが改装工事のため休職中だった白人男性は、天才ピアニストの黒人男性の運転手&用心棒となった。1960年代、黒人差別の色濃い南部へあえて行くツアーが始まった…というお話。

<感想>

本作は映画に基づいた映画。

グリーンブックは『黒人でも安心して泊まれますよ』というホテルの案内冊子の名前。

天才ピアニストという事で高級なモノに囲まれて暮らし、上流階級の白人の客の前で演奏しているのだが、彼の事を知らない街の人からの対応がより黒人差別の酷さを強調させていた。

最初は偏見があった主人公が、才能と人間性を知り、差別がなくなるを超えて強い友情となっていくのが本当に良いお話だった。

Article

・「うちは高給取りなのに…」娘2人の中学受験で年収1000万円夫の小遣いは月3万円

「うちは高給取りなのに…」娘2人の中学受験で年収1000万円夫の小遣いは月3万円 塾通いを始めたら、もう止まらない
子供の中学受験で、家計が赤字に転落するケースが増えている。ファイナンシャルプランナーの高山一恵さんは「子の幸せを願うあまり、教育費貧乏になってしまう家庭がある。子供が小さいうちに、冷静に教育費の見積もりをしておいたほうがいい」という――。

・「上司は偉い」の勘違いが生む日本企業の重大欠陥

「上司は偉い」の勘違いが生む日本企業の重大欠陥
私は普段から、リーダー、マネジャー、メンバーという言葉を使い、「上司」「部下」という言葉は使いません。本書では文意を伝えるために使っている箇所もありますが、自分では「上司部下(という言葉)撲滅委員会…

・コーチングのスゴ技で、困った部下の「やる気スイッチ」入れるコツ

コーチングのスゴ技で、困った部下の「やる気スイッチ」を入れるコツ | ライフハッカー[日本版]
『できる上司は会話が9割: 「困った部下」が戦力に変わる、コーチングのスゴ技』(林 健太郎 著、三笠書房)より、困った部下の「やる気スイッチ」を入れるコツを解説します。
タイトルとURLをコピーしました