明日への遺言

Movie

『明日への遺言』(2008年)

ジャンル:戦争

上映時間:110分

監督:小泉 堯史

出演:藤田 まこと、ロバート・レッサー 他

<あらすじ>

第二次世界大戦中にアメリカからの無差別爆撃を受けた日本。アメリカの戦闘機からパラシュートで降りてきた搭乗員に対して日本軍は斬首した。終戦後、斬首に関わった日本軍がB級戦犯として軍事裁判にかけられる。裁判の中で部下を庇って責任を負いつつ、無差別爆撃の違法性を主張する中将のお話。

<感想>

アメリカ側が行う軍事裁判ということで、裁判官・検事・弁護士がアメリカ人であったが、思っていたよりも裁判官・弁護士がフェアに行おうとしていたのは印象的だった。

日本の中将も言動に真面目さを感じる。

どちらが正義なのか?という前に、『戦争』というカテゴリー自体が大きな間違いだと思う。
戦争という間違った世界の中では真面目な人同士が争い、憎しみあい、不条理な事になるのだ。

もう一度平和について考え直したくなる作品。

Article

・成功した人に共通する、5つの習慣

Andrew Ferebee's answer to What are the habits of highly successful people? - Quora

・男の子の教育、3つのNGポイントは?…“問題のある男”にしない【新時代のジェンダー教育】

男の子の教育、3つのNGポイントは?…“問題のある男”にしない【新時代のジェンダー教育】(ミモレ編集部) @gendai_biz
「現代ビジネス」は、第一線で活躍するビジネスパーソン、マネジメント層に向けて、プロフェッショナルの分析に基づいた記事を届ける新創刊メディアです。政治、経済からライフスタイルまで、ネットの特性を最大限にいかした新しい時代のジャーナリズムの可能性を追及します。

・「こんまり®メソッド」で時間を作る。仕事のマルチタスクを片づける方法

「こんまり®メソッド」で時間を作る。仕事のマルチタスクを片づける方法
KonMari Media Japan株式会社 砂子貴紀さんに学ぶ「自分のやりたいことが見つかる 減らす、整える、デジタル片づけ術」連載。第3回のテ...
タイトルとURLをコピーしました